鹿児島県医学部生家庭教師会へお問い合わせなら

050-3740-1592

鹿児島大学の
現役医学部生が教えます

鹿児島県医学部生家庭教師会代表 ご挨拶

鹿児島県医学部家庭教師会代表

鹿児島県医学部生家庭教師会代表の祁答院千寛と申します。鹿児島県の学力は全国学力・学習状況調査の結果からみても、全国平均と比較して高いとは言えません。当会の派遣する現役鹿大医学部生の家庭教師は、地方進学校で努力を重ね、医学部という難関をくぐり抜けてきた人材のあつまりです。自身のこれまでの経験をいかして、お子様一人ひとりに合った学習方法を提案・実践することで、お子様の真の学習力を引き出していくことを目標としています。将来地域の方々の健康を支えていく私達医学生が、いま、教育を通して地域へ最大限の貢献をしていくことができれば幸いです。

鹿児島県医学部生家庭教師会代表 祁答院千寛(鹿児島大学医学部医学科)

運営方針

鹿児島大学医学部内で選ばれた医学生による運営・指導

当会が紹介する教師は、教育に対する態度や学内での実績・人間性などを含め総合的に判断した上で選別されます。また、大学内において教育に特に力を入れてきた医学生を中心として、家庭教師のあり方や指導法について教師間で知識を共有する「教師育成プログラム」が行われています。このプログラムにより、勉学経験だけでなく指導力の伴う医学生教師をご家庭に提供することができます。また、教師変更も無料で行っているので、お子様に適切な教師を必ず見つけることができます。

関東経済産業局から認可を受けた優良家庭教師団体

家庭教師派遣業協同組合

当団体は優良教育団体として関東経済産業局から認可を受けています。HP上の表示料金以外の徴収は一切せず、執拗な電話勧誘も行いません。また高額教材の販売もしておりません。悪徳業者の撲滅を掲げている「家庭教師斡旋業協同組合」に加盟しており、日本における模範的な教育団体を目指しております。

収益は医師育成と地域医療の発展に当てられます

当会で得られた収益は、医学生向けの教材作成や地域の方々へ向けた健康イベントの開催等に当てられ、医学生の教育と地域医療の発展に還元されます。将来医師として地域を支えていく医学生が、地域の方々へ基本的な医療教育を行うことで、地域全体での病気の予防や早期発見などに繋がります。